2021年トレイルの旅

MTBの超初心者が、2021年関西で開催される、ワールドマスターズに80歳で参加する奮闘記

回復?

  昨日スコッティ嬢(SPARK 730 PLUS)の前輪から足元にかけ、カチコチと時計を刻むようなノイズが出ていた。
大根足だし仕方ないかと思っていたが、馴染みのバイクショップ店長に診てもらった。
店長は100mほど走り、「分かった」と言いながら戻ってきた。
トルクレンチでクランクのネジを締めてくれる。緩んでいたらしい。プロの仕事に感心していたら、水曜日の今日は、バイク店主の技術講師で一日缶詰めになるようだ。定休日なのに休めないとぼやいていた。
 バイクが治ったので、堺浜まで走る。やたらと暑い。水路には引き船や貨物船が、次々と通過する。以前はあまり見なかった光景だ。

 船の航行が多いのは物流が活発な証拠。求人倍率も高いし、景気が回復したのだろうか。私には実感がわかない。


映画が、三度の飯より好きな、アくしょん大魔王
のコレクション棚から紹介する、今日の一本。


「ボーイズ・II・メン(Boyz II Men)」
最初は1985年にフィラデルフィア高校に通う四人組が始めたコーラスグループ。現在は三名で歌っている。

ボーイズ・トゥ・メンと言えば、心に響くバラードの名曲とアカペラのハーモニーが、ビルボードヒットチャートを席巻した。

昨日スタイリスティックスを紹介していたら、BⅡMを観たくなった。

このアルバムで、マライア・キャリーとの競演は圧巻。

今はネットで炎上するマライアだが、この頃はピンクの宝石のように美しかった。

ライザップさんお願いします。回復させてください。