2021年トレイルの旅

MTBの超初心者が、2021年関西で開催される、ワールドマスターズに80歳で参加する奮闘記

クリアーだけど風強し

 絶好のバイク日和と思い、ランチを済ませ家を出た。
走っていれば心地よい風。しかし向かい風が思いのほか強い。堺浜に着くまで、そこそこ疲れてしまう。
おまけに入り口で、10名以上の職人が草刈りをしている。雑草のチップが飛んできて、まともに走るのは気が進まない。
いつもと反対の、時計回りで堺浜を一周。

 空気は澄んでいるので、大阪湾はクリアー。
しかし今日は太陽のフレアーが活発で、GPSの精度が狂うらしい。
北のミサイルのセンサーもおかしくなり、日本に落ちなければいいが…


映画が、三度の飯より好きな、アくしょん大魔王
のコレクション棚から紹介する、今日の一本。


「スティービー・ワンダー Live at Last」


私は以下のレビューを読み、このDVDを買いました。大変上手く書けているので、参考にしてください。


5つ星のうち 5.0
文句の付け所ありません! 投稿者  gold_impact  投稿日 2009/4/25
形式: DVD Amazonで購入  


「気がついてみれば、Stevie単独のオフィシャルな映像というのは意外と少ない。
この作品は2時間以上にわたり2008年10月のコンサートを収録している。
 内容は申し分ない。ライブに足を運ぶ場合、アーティストがいかに“鉄板曲”を持っているか、というのが、そのライヴを楽しめるかどうかを左右する場合がありますよね。
その点、Stevieはそれこそ誰でも知ってる“鉄板曲”の宝庫。
 長いキャリアの中で本当にヒット曲の多い人ですから。
 「Stevieのコンサートに行ったらこの曲を聴かなきゃ帰れない!」みたいなのが山ほどありますよね。
それらを惜しみなく披露してくれています。しかも世知辛いこのご時世、総勢14名のバンドを率いて。因みにBassのNathan Wattsは70年代からStevieのバンドに在籍していますよね。
おなじみの曲に加え、収録されたロンドンの地にちなみ、ビートルズやストーンズの曲も演奏しています。
 又、オープニングはMilesのAll Blues。さらにChick CoreaのSpainも聴かせてくれ、各メンバーのソロに加え、Stevie自身もピアノソロを弾いています。
My Cherie Amour では観客の大合唱、観客も本当に楽しんでいるようです。
Isn't She Lovely では観客がIsn't She Lovely!と歌ってるとき、当の本人、Aishaが映し出され少し照れたように微笑んでいます。そう、Stevieの愛娘 Aishaがコーラスで参加、
I'm Gonna Laugh You Right out of My Lifeではその歌声を聞かせてくれています。
Stevie wonder ファンならずとも一度は聴いたことのある曲ばかり、輸入版は値段も手ごろですし手に入れても絶対に損のない一枚かと思われます」


そう、買って損はありません!
何度も聴いて、カラオケで歌ってみてください。
お兄さんに気のないお姉さんも、あなたにイチコロです。