2021年トレイルの旅

MTBの超初心者が、2021年関西で開催される、ワールドマスターズに80歳で参加する奮闘記

オムロン体重体組成計

 風が強かったが、気合を入れて堺浜を走る。誰も走っていないと思っていたが、姫ローディが二人。彼女たちも気合を入れているのだろう。

 帰宅し入浴後、新しく買い替えたオムロンの体重計に乗る。

ひと月近く毎日計量してみた。

現在の身長は、170.05cm
以下の数字は、25日間の平均値
体重87.25kg  BMI30.18 基礎代謝1841.56 
対年齢73.28  体脂肪27.15 内臓脂肪23.84
骨格筋率29.35
完全なメタボなので、内科クリニックの主治医に相談する。
ドクターが言うには、
「食べる量を減らす。飲む量を控える。運動で体重は落ちない。落とすには、フルマラソンレースに出るぐらいのトレーニングが必要。または高校生の部活ぐらいの運動量が必要。歩いたり、自転車に乗るぐらいではダメ」


 私のバイクで走る距離は、月に500km以上。グアムに滞在する約60日間を除いても、年間5,000kmは走っている。
しかし三年前の体重と変わっていない
結論から、今のままではバイクで体重は落ちない!

 その答が、座右の教科書「ジャスト・ライド」にも記されていた。
「どんなに好きでも、バイクに乗ることを君の唯一の運動にすべきじゃない。バイクに乗るのを半分の時間にして、バイクライドでは使わない筋肉を働かせよう」
別の項目では、
「カロリーが燃焼すると、もっと食べたくなる」
私の場合、もっと飲みたくなる…


さて、この先の人生、どうする?
テニスも続けているが、運動すれば酒が旨い。しなければ晩酌がまずい。ママゴト見たいな飲食を続け、体重を落としても、日々の暮らしは暗くなる。
2021年まで、あと四年。その後生きていれば、オマケみたいな人生だ。健康に生きてこそ、楽しいはず。ベッドの上で長生きはしたくない。
ここは、ドクターのアドバイスと、教科書を忘れ、今日も午後から堺浜を走ろう!