2021年トレイルの旅

MTBの超初心者が、2021年関西で開催される、ワールドマスターズに80歳で参加する奮闘記

キングダム

 久しぶり大和川右岸の、ジープ道を漕いだ。
しかし東の方に黒雲が湧き始める。雹や突風を伴う低気圧が影響しているのかもしれない。

突然の雨を警戒し、Uターンして川下の方へ向かう。

この草地で練習していると、一台のバイクが現れ、土手を登り下り始めた。登りはバイクを担ぎ、勢いよく階段を駆け上がり、下りは土手を自走して降りてきた。
何度も繰り返していたので、何の練習か尋ねると、シクロだと応えた。

ウイキに寄れば、シクロクロスのコースには人工の障害物(柵、階段など)が設けられ、必ず下車して自転車を担がなければならない部分が作られている。


出会ったライダーは、もうすぐ還暦らしいが、とても私のレベルでない高度なテクで走っている。いろんな競技会にも出ているらしく、知識も豊富。ワールドマスターズの話をすると、一度「王滝」の20kmレースにでも出てみたら勧められた。


「キングダム/見えざる敵」
漫画ではない。
サウジアラビアで起きた米国人に対するテロ事件を、即調査に行くFBIの物語である。
両国は仲が良さそうに見えるが、一皮剥けば、富と暴力の連鎖が続く間柄だ。今回のカショギ記者殺害事件も元を糺せば、宗教と歴史の違いが根に横たわっている。
 しかし今回の事件は、サウジと米国間だけの問題ではない。全世界が固唾を飲んで見守っているのは、中東に火の手が上がると、困る多くの国が有るから。
日本でもSバンクは、問題の鎮静化を祈るように見守っているだろう。