2021年トレイルの旅

MTBの超初心者が、2021年関西で開催される、ワールドマスターズに80歳で参加する奮闘記

DDH(ドテダウンヒル)

 前日決心したので、好天の大和川土手ダウンヒルを試みた。
およそ5mの高低差。30度ほどの坂を、駆け下りる姿を映しかったが、携帯のシャッターが遅く、何度やっても失敗。
ブルートゥースの自動シャッターを右手に持つので、ブレーキの制御は、左のリアブレーキのみ。
結果スピードが増し、一気に駆け下りてしまう。
斜めに降下するので、集中力が切れると危ない。一時間ほどで切り上げた。

シクロのライダーに、斜めに降りるのは難しいと聞いていたが、それはクリア。写真を止め、両手でブレーキ制御をすれば、そんなに恐怖心は湧かなかった。
しかし別の問題も。雑草に隠れた犬のフンは躱しようがなく、直撃することも…
シクロライダーは、どんな路面状況でも練習を勧めていたが、今日の土曜日は雨が残り、路面はウェット。泥だらけ、糞まみれは御免なのでパス。愛犬と一緒なら面白いのだが、犬との生活は既に遠い昔の思い出になった。

ジョン・マルコヴィッチとマイケル・ダグラスの二大俳優に加え、トニ・コレットが出演するのに、端役扱い。
「アンロック 陰謀のコード 」
ストーリーも「アトミック・ブロンド」に似ている。主演のノオミ・ラパス はシャーリーズ・セロンに遠く及ばないが、演じている職業が珍しく、監督のさじ加減でもっと面白くなったはず…