2021年トレイルの旅

MTBの超初心者が、2021年関西で開催される、ワールドマスターズに80歳で参加する奮闘記

決まった!

  寒かったが堺浜へ漕ぎ出す。

オーバルコースで、ロードバイクのイベントをやっていた。
トライアルレースで、ぶっちぎりでトップを走る五人組

大阪万博が決定した。EXPO70から55年ぶりの開催。メインテーマのおぼろげな骨格は分かるが、詳細はこれから決まるのだろう。
前回の万博は興味が湧かなかったが、最後には仕事へ行った。
大会の規定で、終了後各国のテーマ館は、6か月中に解体撤去しなければならなかった。私も撤去工事をしたが、受注したその頃のゼネコンの名前は消えている。この業界も厳しいのは同じ。
今回はアフリカ諸国が応援してくれたようだが、おカネをばらまく援助よりは、貧困と病気で苦しむアフリカを救う、先進医療に特化したテーマで進めて欲しいものだ。カジノはその後でも構わない。


昨夜録画棚に残していた新アメリカンアイドルを鑑賞。
今回は予選で選ばれた50名から24名を選ぶ。
この番組は、審査員三名のトークを聞くだけでも面白い。

ライオネル・リッチーは、いつも的確で、審査される方も納得。

高校で太ってしまい自信を失くしたが、参加することで自信を取り戻した。

確かにこの中の誰が最後に残っても、納得する才能。下は15歳の女の子から、オネエ、ホームレスなど、職業、人種差別無しで、人生を賭けるガチのバトル。勝って泣き、落ちて泣き、家族や恋人の絆を感じ、観ていてこちらの涙腺も緩む。ホントに面白い。
私は大晦日の紅白の裏で、録画したこの番組を通しで見るつもりだ。