2021年トレイルの旅

MTBの超初心者が、2021年関西で開催される、ワールドマスターズに80歳で参加する奮闘記

遠雷

 娘と孫たちを、家人が近くの金岡プールへ連れて行った。
午後の堺市は、警報が出るような暑さ。
しかし私は大泉緑地へポタリング。ゴロゴロと雷鳴。羽曳野市方面に黒雲が発生している。BMXコースに寄ってみるが、プロテクターを着けていないので、走る気はしない。
 コースにはベテランらしい若者が、練習していた。滑るようにコブを超えていく。滑ると言うより、飛翔する感じ。

 私はこの公園で数年前、雷に遭遇したことがある。時期はお盆を過ぎていた。雨は激しく降り、雨宿りしている大木の近くに、何発か落雷。稲光は数十センチの幅。私はバイクから離れ、空を凝視していた。雲同士がぶつかる時が危ない。
 一瞬雲の切れ間が出来た。私はバイクに飛び乗ると、激しい雨の中、一キロほど離れた帰宅途中のスーパーに逃げ込んだ。
非難した数名が、ずぶ濡れで駐輪場で震えていた。こんな時店内に入ると、冷房で身体が冷やされ、まだ外の方がましだ。
 雷鳴が遠のき始めた。雨も小降りになった。
私はもう安心と思い、家路についた。
昨日のように、連日の高温が続いた後の雷は危険だ。あの経験はもう沢山なので、ポタリングを切り上げた。
結局雨は降らず、遠雷だけだったが…