2021年トレイルの旅

MTBの超初心者が、2021年関西で開催される、ワールドマスターズに80歳で参加する奮闘記

トップアスリートなのに…

 昨日は不順な天候だったのか、コートに集まったのは五名。
胃がんの手術から復帰して二週目、ハムさんは酒を飲みだしたらしい。鉄の胃袋か…

2007年1月28日の大阪国際マラソンは、いつものように近くの長居競技場をスタート。渋井との一騎打ちは、29キロで急転、ペースが落ちた渋井を振り切り、原裕美子(#33)が初優勝した。

江川紹子のレポートを読みながら、原裕美子の壮絶人生に感動した。再度の万引きで、執行猶予の付いた判決は、裁判官の恩情も加味されたものだろう。
やはり原因は、摂食障害か…その頃の京セラ陸上部は徹底管理がされ、1日4~6回体重測定があり、食べないでやせる指導もなされていた。そこからくるストレスを一人で抱え込み、食べ吐きを続けながら、ますます深みへ入っていったようだ。万引き癖は病気の一種であるのも興味深い。
病気は医師の適切な指導で、治る場合が多い。
トップアスリートでも掛かる摂食障害は、当然普通の人でも掛かるはず。今、そんな苦境にハマっている人は、専門医の診察を受け、早く苦境から抜け出して欲しいものだ。
しかし特別な職業以外の人なら、まず本人が
「太っているのがなぜ悪い?」と思うぐらいの大らかな気持ちになるのがストレスにならない方法だろう。
「酒を飲んでなぜ悪い?」
テニスメンバーのハムさんは、きっとそう思っているに違いない。

ノー・マイカー・デー

 バイクばかり漕いでいると、筋肉の片使いになる。
身体の筋肉を満遍なく使うには、ウォーキングが優れているから、
日曜日は歩くことを優先。
自宅を出て、4kmほどで近鉄のガードをくぐる。

阪神高速の出入り口手前でUターン。このランプは便利で、大阪市内は勿論、関空へも奈良方面にも、伊丹空港へも通じているが、
最近開通したので、知らない人も多い。
工事中も時々ウォーキングしていたので、勝手知ってる他人の敷地だ。右側の広大な敷地に、イトーヨーカ堂が開発・運営するショッピングセンター、アリオが建てられるらしい。
完成すれば、私の徒歩圏内に、三か所もショッピングモールが存在することになる。
大丈夫かイオン…

阪南大学・高校野球部のグランド前。往復10kmのウォーキングだった。

ミリタリー映画には二種類があり、
シリアス系の「プライベート・ライアン」
コメディ系の本作「ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ! 」
似たようなストーリーで観た映画があったが、リュック・ベッソンが原案・脚本・製作という事で期待したが、拍子抜け。
山下将軍の隠し財宝は、いまだに信じる人も多いが、これも信憑性はいまいち。猿ヶ京の徳川幕府埋蔵金、村上水軍の軍資金など、私も夢中になり、資料を調べた事はある。
トレジャー・ハンティングはいつの世も、ロマンを奏でる甘い響きがある。

DDH(土手ダウンヒル)日和

 短い土手でも、何度も上り下りすると汗を掻く。
草地もドライになり、練習には最適。本音を言えば、濡れた路面を走るのもトレーニングだが、服やバイクが汚れるのを嫌う。
これではホントのMTB乗りとは、他人に言えない。

登り1分、下り3秒。橋本カントリーの下り坂を走ってみたい。ここは余りに物足りない。ゴルフのアップダウンも辛かったから、ゴルフコンペが、瀬田カントリーなら喜んだものだ。

トム・クルーズという俳優は、何歳になってもナイスガイで、アクションもスタント無し。
「オブリビオン」とは、忘却の意味。
私は核戦争後地球を想像し、いろいろな映画を観てきたが、これは良く出来ている。ストーリもだが、SF映像が素晴らしく、こんな地球になるのかと感慨深くなる。
核戦争の直後は、核のチリで大気が太陽光を妨げ、殆んどの生物は死に絶えるらしい。しかしシェルターに避難した、わずかな人も含め生物は復活するだろう。
もしクローンが、生きた人間の過去も受け継ぐ機能を持っていたら…
、生きるのに苦労している人がこの映画を観たら、を一生懸命生きようと思うかもしれない。
鑑賞後、色んなことを思い浮かばせる映画だった。

L'Eroica(エロイカ)、エロくない

 砂利道をロードバイクで走るレースL'Eroica(エロイカ) に興味を持った私は、昨日久しぶりに大和川の砂利道を漕いでみた。

大和川堤防なので、坂は無い。和歌山県橋本市の柿農園辺りは、広域農道で坂もあるから走ってみたいが、なんせ全て舗装されている。日本で砂利道を探すのは、本当に難しい。
「大阪名物、掘り起こし」と揶揄された路地も、殆んど舗装されてしまった。 

近鉄南大阪線、河内天見駅手前の鉄橋工事がまた始まった。
橋げたが沈下し傾いたので、以前補修したのだがまた傾いたのか?
徹底的な改修をしなければ、いずれ長期の運行中止になるだろう。

昨夜観た映画は、監督が ウォルター・ヒル
主演がシガニー・ウィーバーだったので、凄いバイオレンスかと期待したのだが、凄腕の殺し屋が女に改造される話。
女性ドクターによって性転換手術を施され、女になった殺し屋が色気を武器に戦う…、そんな展開は無く、全然エロくない
どうしたウォルター・ヒル?
シガニー・ウィーバーも、父親がテレビ局の社長だったので、コネで女優に。しかし『エイリアン』リプリー役から比べると、言わぬが花…

飼いたいけど、飼えない

 季節外れの温かさで、大泉緑地は初冬というより、晩秋の様相。
銀杏が色づき始めたので、寄ってみた。

蓮池は枯れ、ハトやカモは冬支度で食欲旺盛

あびこ筋の大和川に掛かる大橋は、阪神高速のランプ工事も終盤に伴い、取り付け工事も完成し、橋の左右へ通り抜けがし易くなった。

犬を飼って、看取った人には、涙なくして観られない一本。
私はジャーマンシェパード、ボルゾイ二頭を看取ったので、映画の最後20分は涙腺を堰き止めることが出来なかった。
また一緒に過ごしたいが、今度は犬の寿命が長くなるので、それは出来ない。