2021年トレイルの旅

MTBの超初心者が、2021年関西で開催される、ワールドマスターズに80歳で参加する奮闘記

 乾よ泣くな

 雷鳴が轟き、小雨が時折パラ付くが、コートにはいつものメンバー。合間に話すのは、ベルギー戦。
私は遭えて「ロストフの悲劇」とは呼ばない。「ドーハの悲劇」のような、喪失感もない。
日本代表の戦いぶりを見て、巷のサッカー小僧たちは、何物にも代えがたいモノを得たと思う。それくらい素晴らしい戦いだった。
この試合で足らないものが良く分かった。それが収穫。
そして足りたモノ。乾のシュート!

ウインブルドンが始まった。終わる頃には、芝も剥げてくる

日本の期待星 西岡

対するチリッチ 身長は25cmも違う

真夏のスタート

 バイクだけの練習だと、上体のトレーニングが疎かになる。
そんな訳で、昼下がりの大泉緑地をノルディック・ウォーキングで歩いた。
自宅から歩いてきたので、既にシャツはずぶ濡れ。

途中にこんなスタート標識があり、50mラインまで歩く。

私は歩数が60歩だったので、一歩が83cm。時々測るが、9割以上当たっている。誰でも自分の正確な歩幅を覚えていると便利。
私は建築の仕事をしていた時、内緒で他人の家の延べ坪や敷地面積を測ってくるように元請けに頼まれることが多かった。
概算見積りと言うことで、解体新築ならこの作業は、内々に調べる方が良い。
もっとも、ゴルフのヤーデージを計るには、歩測は必ず必要。

そんな事を考えながら歩いていると、近所の友達にバッタリ。
富士山のヒルクライムに参加したこともあるバイク猛者。
その後も私の自宅に寄り、トレックを試乗して帰っていった。

民間企業では、国内初の宇宙空間到達を目指していた、ホリエモン支援の小型ロケット「MOMO(モモ)」2号機が打ち上げ直後爆発炎上した。そんな訳で懐かしい一本を再生する…


「スペース・カウボーイ 」


アマゾン内容紹介
心身共に鍛え抜かれた優秀なテストパイロット・チーム“チーム・ダイダロス”。しかし土壇場いなって、彼らの宇宙へ行く夢は絶たれた。それから40年、再び彼らにチャンスが巡ってきた。
クリント・イーストウッドの監督22作目、主演42作目となる本作は、トミー・リー・ジョーンズ、ドナルド・サザーランド、ジェームズ・ガーナーというベテランスターが名を連ねた、ワクワクするようなSFアドベンチャー。4人は、故障して軌道から外れ、地球に脅威をもたらすおそれのあるロシアの旧式通信衛星を修理すべく、チームを再結成する。まさに“最も優れた資質を兼ね備えた”(ウォールストリート・ジャーナル)スペース・カウボーイたちが、不屈の精神とユーモアと勇気を胸に、いま飛び立つ。

ロケットが開発途上で爆発するのは、避けられないのかもしれない。爆発炎上を見ていた小学生が「せつない」とコメントしていたが、こちらも切なくなる。初期的なミスは、民間企業に宇宙航空研究開発機構 JAXA(ジャクサ)が支援するのも認めてはどうだろう?
その点、NASAは凄い。前日23位で諦めていたのに、なんと今日は、プレーオフまで持ち込んで納得の「64」で2位。 
畑岡奈紗につづけ、錦織と大坂なおみ !

晴れのち雷雨

 少しは涼しいかなと思い、堺浜へ漕ぎ出す。
確かに走っている時の向かい風は心地よいが、止まればリュックの下のシャツはジュクジュク。

船も甲板の上は灼熱地獄だろう。昔この水路から、大阪湾出口の友ヶ島まで、操船したことが有るが、プレジャーボートのブリッジは太陽熱で耐えられず、早々に船内の操舵室に戻ったことを思いだす。


舗装路より草の上ならマシかと思い、漕いでみるが暑いのは同じ

朝イチで定期健診で行った、眼科クリニックの待合室が涼しかった。
ここは看護師が10名以上常駐し流行っているが、夏休みになるとプール眼などで来院する子供たちでもっと忙しくなるだろう。

ミニツアー

 和歌山に来たら必ず立ち寄る「紀菜柑」

今はスモモの季節

梅干用に最大の4Lを探すが、今年はダメらしい。

激しい雨の後の白良浜

いつもは賑わうビーチも無人

泳ごうと思ったが、まだ水温が低く無理。

気になっていたリゾートホテルを見学

8Fから眼下に見える磯。シュノーケルに楽しそうだが、津波は免れない。

客室は、まあまあ奇麗

屋内プールは魅力

施設も建物も中級以上で魅力はあるが、既に別のメンバーでもあるので購買意欲は低くなる。
やはり一番のネックは予想される東南海地震
以前、宮城県南三陸町のリゾートホテルに泊まったが、五階まで津波が到達していた。
語り部の話を聞く内に、美しいオーシャンビューと、危険ゾーンは紙一重と言う事を思い知った。

調整

 昼過ぎまでインドアテニスレッスン。
エアコンは作動しているが、半端ない汗。連日寝苦しい夜と、しんどいバイク練習で、バテ気味な私。

そんな訳でランチの後、和歌山の温泉へ。
やって来たのは南高梅で有名な、南部町のリゾートホテル。あいにく天気は悪いが、身体を休めるにはちょうど良い。
眼下に見えるビーチで泳いだり、磯遊びしたことも。お盆には孫たちも連れてくる予定。

明日眼科の定期検診が無ければ、連泊するのだが、今回はバイクも連れてきてないので我慢。
雨が上がれば、白良浜で少し泳いでみよう。
薄氷の綱渡りだった昨夜の試合。ここまで来たら、ベストエイト、それ以上は望まない。もうタラレバは達成しているのだから…