2021年トレイルの旅

MTBの超初心者が、2021年関西で開催される、ワールドマスターズに80歳で参加する奮闘記

一人旅

 蒸し暑く、動けば汗が滴る昨日
前日に続き、大泉緑地のBMXコースへ。誰もいない、貸し切り状態。こんな時は注意するようにと、練習している人に言われたことがある。バームで事故って、気を失ったら誰も気付かないで、ゲートを閉められ、明日の朝まで置き去りにされるから、一人の時は注意。これは山のトレイルでも一人旅なら、同じことだ。
3レーン、4レーンを使って10本練習。ペダルが地面と接触する回数は減ってきた。下りを勢い付け、登りに行けば良いことが分かってくる。要は、下りの速度と、登りの距離の相関関係を肌で覚えたら難しいことではない。

緊張と気温、湿度、全てが汗の原因になり、ヘルメットの中も汗だらけ。シャツの下に着けたプロテクターのせいで、身体はサウナ状態。園内を一周流して帰宅した。
夕食時に麦焼酎を300cc、食後久しぶりにハイボールを飲んでみる。喉の渇きが、少し収まった。J&Bの残りを空にして、新しい瓶を取り出す。

ほろ酔い気分で取り出したのは…


「リオ・ブラボー」


アマゾン商品の説明 
 名匠ハワード・ホークス監督/ジョン・ウェイン主演の痛快西部劇!
保安官チャンスは、メキシコ国境近くの町リオ・ブラボーでならず者ジョーを殺人現行犯で逮捕する。
しかし、ジョーの兄でこの町を牛耳るネイザンが弟の釈放を要求して町を封鎖、金で雇ったガンマンたちを町に送り込んでくる。
 住民は怯えて誰もチャンスの味方につこうとはしない。
 彼の味方は片足の不自由な老人スタンピーとアル中の保安官助手デュード、そして町を通りがかった早射ちの若者コロラドだけだ。
 彼らはガンマンとしての意地を賭けて果敢に立ち向かう。
どこまでも痛快な西部劇の大傑作。

このにらみ合いの後、保安官はライフルで殴り倒す

飛行機事故によってリッキー・ネルソンは45歳で死去

アンジェリーナ・ジョリーより大人の雰囲気漂う
アンジー・ディキンソン

当時無茶はやった「ライフルと愛馬」

何度観ても面白い、エンターテイメント西部劇。
殆どの俳優が鬼籍に入ったが、アンジーは生きていて86歳

BMXコースは難しい

 BMXのコースは、凸凹が連続するので、シート高を中間にしていたら、ペダルが地面と接触した。ドロッパーを上手く使えばいいのだが、操作している間がない。

専用の車体なら、腰を上げたままなので、ペダルを擦ることもなさそう。もっともプッシュで下った勢いで登るので、漕ぐ必要がないのだろうか

坂を登り終えると、両足は平行になるが…、要するに乗り方が下手なだけに見える

上手いライダーは、尾根の天辺を後輪だけで走り、スピードを殺さない

昨日は大泉緑地に着いたら、ちょうどコース整備が終わり、開門した所だった。先客は以前お会いしたことのある、ベテランライダー。いろいろ質問して得るものがあった。
大量の汗を掻き、アルコールで渇きを癒そうとすれば、酔いが回る。
観残していた「トニー賞」の続きを再生する。
作品賞も男女主演賞も取った「バンズ・ヴィジット」の女優が特に素晴らしい。何度も再生することになるだろう。

ゲストのブルース・スプリングスティーン

相変わらずお騒がせ氏のデ・ニーロ

ディスコクイーン、ドナ・サマーの伝記。これだけは生で観てみたい

貫禄のアナ雪女王

ミュージカルの俳優は、しじゅう観客の目に晒されているのか、オーラが違う。どちらかと言えば、トップアスリートの雰囲気がある。しかし毎年才能のあるスターが出てくるのは、底辺が広く、努力を重ねている俳優が多いと言う事か…
その点日本は…などと野暮な事は言うまい。

若きチャンプ

 コートの照り返しも入れたら、猛暑日の暑さ
先週は地震でキャンセルされたので、昨日はメンバーが揃った。
しかしこれからは、秋のお彼岸まで、汗だくのゲームが続くだろう

汗を掻いた分、アルコールの摂取量も増える。ちょうど見ごろのチャンネルに切り替えた。米アーカンソー州 LPGA女子ツアー

距離は短いが、戦略的なコースは、頭を使わないとゲームにならない。コースマップを読み解く力も、MTBレースと同じ

この時点で、畑岡が二位のレクシーを、大きくリードしている

女子の黒人ツアープロは、まだ珍しい

娘の優勝を確信したのか、ツアーに同行しているお母さんも嬉しそう

終わってみれば、ブッちぎりのスコア

ツアー仲間の、嬉しい洗礼

19歳だが、筋トレで逞しくなった。アーカンソー選手権は、三日間の日程だが、優勝賞金は3300万円。一日で千百万稼いだことになる。女子サッカーでは、こうはいかない。
名前も良い。NASAは全世界の人が読める。女の子が生まれ、将来を見越した名前を付け、ゴルフの英才教育を授ける。
お母さんの読みが当たった、良い例だろう。毎週ニュースになるような日も近い、逸材であるのは間違いない。

イーストウッド

 風は爽やか…
堺浜ではローディがグループで走っていた。私も脚力保持のため、ここを走るのを疎かにできない。

草の上を走りたくて、大和川のグリーンベルトに乗り入れてみた

サッカーまでは、時間を持て余す。前日観たモーガン・フリーマンを思い出す。取り出したのは…


「許されざる者」


アマゾン内容紹介
アカデミー賞(R) 4部門受賞 作品賞(1992)監督賞 編集賞 助演男優賞
イーストウッドの最高傑作-そして過去20余年に作られた中で最高のウエスタン。
『許されざる者』は“私がウエスタン映画について思っていたこと全てを要約した”現代の古典作品だ、と監督/ 主演のクリント・イーストウッドはかつてthe Los Angeles Times紙上でこう語った。アメリカ映画協会の選出したアメリカ映画ベスト-100に名を連ね、1992年のアカデミー賞(R)では作品賞、監督賞、助演男優賞(ジーン・ハックマン)、編集賞(ジョエル・コックス)を含む4部門を受賞。イーストウッドとモーガン・フリーマン演じる元アウトローのコンビは、その手に再び銃を持ち、最後の追跡の旅に出る。リチャード・ハリスは名の知れた殺し屋を、ジーン・ハックマンは如才ない魅力…そして残忍さを併せ持つ保安官を好演した。『許されざる者』こそが“我々の世代を代表するウエスタンである。”(Kenneth Turan, Los Angeles Times)

クリント・イーストウッドのTV映画「ローハイド」を毎週見て以来、この映画が最後の西部劇になった。その途中も、それ以後も、ほとんど彼の作品は観ている。
パトリック・マクギリガンの書いた伝記も読んだ。息子、スコット・イーストウッドと娘、フランチェスカ・イーストウッドの映画も観た。
仕事を通して、男が昇華していく様を知りたくなったから…


結局、昨夜のサッカーは見なかった。何故か…
1994年アメリカワールドカップ・アジア地区最終予選の最終節で行われた試合終了間際のロスタイムに、イラク代表の同点ゴールが入り、FIFAワールドカップ初出場に近づいていた日本代表が一転して予選敗退する結末となった。
私はこの時の深夜、ライブで応援していた。そして日本代表の敗戦は、トラウマになった。
「ドーハの悲劇」と呼ばれたこの日の出来事を、忘れさせてくれる日が待ち遠しい。

自虐雨

 昔、建設の仕事をしていたので、雨が続くと飯場の連中が、
土方殺すにゃ刃物はいらぬ、雨の三日も降ればいい」
と、自虐ネタを呟いていたのを思い出す。
土方の代わりに、ライダーを嵌め込めば、そのまま現状の私だ。
今日もローラー、明日もローラー

顔を上げたり、下を向いたり、サドルに座れば、この二種類しか方法がない

しかし下を向いて困っている爺さんたちが、ここにもいた…


「ジーサンズ はじめての強盗 」


アマゾン内容紹介
主演全員がアカデミー賞俳優、レジェンドたちの夢の共演!
モーガン・フリーマン×マイケル・ケイン×アラン・アーキン
80歳オーバーの3人の仲間たち、人生最後の賭けは…なんと銀行強盗! ?
 ウィリー、ジョー、アルの3人は慎ましくも幸せな老後生活を送っていた。ところがある日、長年勤めていた会社の合併によって、年金を止められてしまう。このことをきっかけに、彼らはある企てを決意。なんとしてでも今までの生活を取り戻し、愛する家族と仲間たちとの幸せな余生を続けられるよう、3人は銀行のお金を奪おうと、大胆で危険な賭けに出るが…

この三人の映画は、数多く観ている。もともとオッサン顔(?)なので、歳を取ってもあまり雰囲気は変わらない。
演技が上手いので、なるほどなーと、思って観てしまう。
俳優の高齢化で、このような「一粒で二度おいしい」映画がまだまだ製作されるだろう。
共演していた女優・歌手・ダンサーのアン・マーグレットは、私と同じ歳だが、相変わらず可愛くセクシー。次は女性トリオで何か撮って欲しいものだ。