2021年トレイルの旅

MTBの超初心者が、2021年関西で開催される、ワールドマスターズに80歳で参加する奮闘記

嬉しい土曜日

 午後から風が強くなり、バイクを漕ぐのは苦しそうなので、ノルディック・ウォーキングに切り替えた。
紅梅の傍に、白人女性が犬を散歩させていたので、シャッターを押してもらう。

大泉緑地のテニスコートでは、若い女性が携帯をいじっている。
アイススケートが気になるのだろうが、羽生君より対戦相手の男性を選んだのか定かではない。
私も気になるが、将棋も結果を知りたい。
途中で携帯を覗くと、どちらも結果が出ていた。

帰宅してテレビを見ていると、何度もこの結果を流していたので、こんな時は落ち着いたフォークソングでも観ることにする。
コレクション棚から取り出したのは…


「キングストン・トリオ」


お目当ては、1959年、グラミー賞の「ベスト・カントリー&ウェスタン・パフォーマンス」を受賞した、300万枚以上の大ヒット曲「トム・ドゥリー(Tom Dooley)」
輸入盤だが、高校生の頃、級友の三人組が、何かのイベントで歌っていたのを思い出す。

若かった彼らも当然歳を取っている

オーディエンスの雰囲気も、当時を懐かしんでいるよう

当時を思い出した読者の方も、口ずさんでください…
Hang down your head, Tom Dooley
 Hang down your head and cry
 Hang down your head, Tom Dooley
 Poor boy, you're bound to die