2021年トレイルの旅

MTBの超初心者が、2021年関西で開催される、ワールドマスターズに80歳で参加する奮闘記

たまに忙しい

 昨日の堺浜の空、ホンマに美しかった。津波に遭遇したら、この鉄塔へ避難するつもりだが、まず助かりません。

 帰宅して、夕方からイベントのお手伝いで、奈良東大寺へ。滅多に行かないが、修学旅行生と外国人のオンパレード。

今日は仕上げのセットアップ。

詳しく知りたい人は
http://nara-kokushoubun.jp/events/naf/?post=4960
スポンサーもそこそこ集まったようです。

 帰宅したら、昨夜のサッカーと、阪神戦を交互に観ていたので、睡魔が襲ってきた。
今日はノー・バイク・デーになった。


映画が、三度の飯より好きな、アくしょん大魔王
のコレクション棚から紹介する、今日の一本。


「続 エマニエル婦人」


(「キネマ旬報社」データベースより)
シルヴィア・クリステル主演による官能ドラマシリーズの続編。夫の赴任先である香港へ向かったエマニエル。客船に乗り込んだ彼女は、ひとりの女子学生と出会い禁断の行為に耽っていく…

以下に紹介するのは、アマゾンレビューの私で、ブログを書いている私ではありません。
「私は「官能」ジャンルでは、この「続エマニエル夫人」が第一位だと思います。「エマニエル夫人」もセンセーショナルでしたが、さらに、さらに、「めくるめく官能」という言葉がピッタリのこの雰囲気。けだるい音楽とシルクスクリーンの融合。シルヴィア・クリステルの表情、特にトロンとした目つき。エスニックな蒸し暑さ。むせかえるような匂いに混じって、トロピカル・フルーツの香りすら漂い、すべてが最高水準です。でも、ビンボーなのにクソ忙しい今日では、この欧州貴族的背徳感に浸ることは無理かもネ。」


天理の市長さん、あなたはこれを観て成長しましょう。